ニキビを悪化を防ぐ予防とケア

にきびを悪化させると、治ってもニキビ跡が残ってしまいます。

ニキビを予防し、悪化させて跡を残さないためには、以下の点に気をつけましょう。

1.ニキビに自分で触ったり、潰したり、マッサージしたりしてはいけません。

2.毛穴を詰まらせてしまうような化粧品の使用は避けましょう。

3.ニキビに髪の毛が触れないように、ヘヤスタイルを気をつけましょう。

そして、日常生活では以下の点に気をつけましょう。

食生活を正し、偏った食事は避け、栄養バランスに気をつけましょう。

動物性油脂はニキビによくありませんので、緑黄色野菜をとりましょう。

また、コーヒーやタバコ、アルコールなどは控えめにしましょう。

また、夜更かしは禁物です。睡眠を十分にとって、規則正しい生活をしましょう。

睡眠不足は新陳代謝のサイクルを乱し、古い角質が毛穴をふさいで、にきびの元となります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

CFD取引の税金について