アイクリームって必要ですか?

ときどき、アイクリームってあまり馴染みがないけど、使って方がいいんですか?という声を聞きます。

これって、結論から言うと、絶対使ったほうがいいんです。

なぜなら、加齢が進むとどうしても肌の変化が現れてきます。

その変化が一番現れやすいのが、目元なのです。

目元の皮膚は、他のハオの皮膚と比べると格段に薄くなっていまして、乾燥やストレスの晒されると、小じわやくま、たるみが出てきます。

他の肌のケアと同じようにやっていたのでは、どうしても先にめだってきます。

やはり、目元の皮膚にあったケアをする必要があります。

アイクリームはそのための専用のケア商品なのです。

では、どのようなアイクリームを使えば効果的なのでしょうか?

アイクリームは、その用途に応じたさまざまな種類が市販されています。

目元のケアと一口に言っても、小じわ、くま、たるみ、むくみなど、目元の部分によっていろいろです。

すべてをいっぺんで改善するというのは、なかなか難しいので、一番気になっている部分をピンポイント的にケアしていくことが必要になります。

総合的にすべてのケアが出来るクリームも販売されていますが、効果の程はやはり薄れてくる傾向があります。

 
目元美容液 

 

 

化粧水の選び方

化粧水の選び方について、色々と悩みが多いようです。

ある30代の方の化粧水の選び方の相談を紹介してみます。


化粧水の選び方について相談します。

これまで、何種類化の化粧水を試しに使ってみたのですが、なかなかしっくりと安定しません。
使い始めは何も問題はないのですが、2週間ぐらい経つと、顔が痒くなってきます。

働きに出ていますが、お化粧はあまりしない方です。

ですので、問題はやはり使っている化粧水にあるのかな、と思っています。

なんとか自分にあった化粧水を見つけて使いつづけたいのですが、その前に顔がボロボロに成ってしまうのではないかと、心配です。

そこでご相談ですが、みなさんはご自分の化粧水をどのように選んでいますか?

この化粧水は自分にあっていると感じる決め手はどこにありますか?

参考にしたいので、教えていただきたいです。


このような相談なのですが、さて、みなさんは、どのように選んでいらっしゃいますか?

人によって、選び方はいろいろだとは思います。

また、年代によって、選ぶ化粧水も変わってくるのではないでしょうか?