女性の敵「しみ」をもとから抑制

2つの有効成分「美白成分」 で美白ケア…S社が18年かけて開発!

練歯磨きなどのオーラルケア商品でおなじみのS社。実は同社の工場では、座間座間な化粧品も製造されているのをご存知でしょうか?

その中でも注目を集めている商品が「薬用美白化粧水「X」。

同社が18年かけた開発した美白成分「R」が、酵素チロシナーゼの分化を促す。

さらに「ビタミンC誘導体」が、メラニンの黒色化を抑える。

2つの有効美白成分の配合で、シミをもとから抑制してくれる「ダブル美白」。

美白は効果がわからない」というひとにも使ってほしい、話題の美白化粧水です。

「日に日にシミが濃ゆくなっていくみたい。シミがこんなところにも…。」

気になるシミの原因となるのがメラニン。

このメラニンを、肌の内部にあるめらのだいとでつくるこうそが「チロヂナーゼ」。

紫外線を浴びることでチロシナーゼが活性化し、メラニンどんどん作りだしてしまいます。

「シミそばかすをしっかり防ぎたい…と望む方が大きなか、今までと同じことを続けていていいのだろうか?…

そんな重いから、美白成分の研究をはじめました。」

そう話すのはS社マーケッティングぶのFさん。

同社は、1946年に、練り歯磨きづくりをスタート。

今から30年以上前には、化粧品の開発を開始しました。

それからしばらくすると、美白成分の研究に注力するようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

シミそばかす対策について

シミそばかすは加齢の象徴です。

ソバカスは、生まれつきのものもありますので、ちょっと別ですが、小さなシミということもあります。

シミそばかすはどうして出来るのでしょうか?

それは、日光による日焼けや紫外線のあたりすぎによって、肌のバリアー機能でもあるメラニンが肌に蓄積されてできるものです。

オーバーターンによって肌の再生が順調に行われるときはいいのですが、これが狂ってしまうと、肌の奥に沈着してしまいます。

対策としては、できるだけ紫外線に当たらないということですが、実は、紫外線だけでなく、生活の乱れによるストレスで新陳代謝…オーバーターンのサイクルが狂ってしまうとできてしまいます。

具体的には、シミ対策のスキンケア・化粧品、ソバカス対策のスキンケア化粧品とそれぞれ別に選ぶ必要があります。

シミがあると、どうしても老けて見えてしまいます。

また、ソバカスも少女時代や青年期には、チャーミングポイントとして見られることもありますが、度を過ぎたり、年齢が進むとやはり老けて見られます。

自分の肌にあったスキンケア化粧品を選ぶことが再重要ですが、なかなか難しい面もあります。

そのような方のために、ネットでは、シミそばかすに効く化粧品@ランキングなどというサイトも有ります。