ニキビを悪化を防ぐ予防とケア

にきびを悪化させると、治ってもニキビ跡が残ってしまいます。

ニキビを予防し、悪化させて跡を残さないためには、以下の点に気をつけましょう。

1.ニキビに自分で触ったり、潰したり、マッサージしたりしてはいけません。

2.毛穴を詰まらせてしまうような化粧品の使用は避けましょう。

3.ニキビに髪の毛が触れないように、ヘヤスタイルを気をつけましょう。

そして、日常生活では以下の点に気をつけましょう。

食生活を正し、偏った食事は避け、栄養バランスに気をつけましょう。

動物性油脂はニキビによくありませんので、緑黄色野菜をとりましょう。

また、コーヒーやタバコ、アルコールなどは控えめにしましょう。

また、夜更かしは禁物です。睡眠を十分にとって、規則正しい生活をしましょう。

睡眠不足は新陳代謝のサイクルを乱し、古い角質が毛穴をふさいで、にきびの元となります。

乾燥肌対策は天然保湿成分で…

100年以上の歴史を持ち、医薬品はもとより化粧品でもさまざまなヒット商品を発売し続けてきたR製薬が、日本伝統の自然素材から新たに化粧品開発をスタートさせました。

その開発にあたり、さまざまな自然素材を検討する中、酒蔵で糀に触れる杜氏の手の美しさに着目。

冬場の冷たい水にさらされる過酷な環境でも、その手肌はしっとりとすべすべなのです。

その秘密は、糀にあるという考えから、研究をおこおない、乾燥肌に効果的な独自成分となるものの抽出に成功したのです。

それは、コメの良い所を最大限に引き出したエキスで、肌の保湿に効果がある成分を含んでいます。

この天然由来成分を詰め込んだクリームは、はだにすーっとなじみ、たっぷりの水分を角質まで届けたくれます。

肌表面の水分の蒸発を防いでくれるので、うるおいを閉じ込めてキープ、ぴーんと跳ね返すようなふっくらもちもちの弾力とみずみずしい美肌感へと導いてくれます。

しかも、コレ一つで5つのはたらきがあるといいます。

サッとひと塗りで、化粧水・乳液・美容液効果があると言う手軽さも、多くの女性に支持される理由のひとつです。

(西日本新聞広告より)

敏感肌スキンケア