夏の肌は乾燥する

また今年も、暑い夏がやってきます。

今年は、ちょっと冷夏の傾向があるともいわれています。

ともかく、夏の季節は、肌にとってはとても過酷な時期だといえます。

夏の強い紫外線は、シミや肌のトラブルの原因となります。

しかし、それだけではありません。

肌の保湿機能を低下させ、乾燥肌へと導きます。

さらに、肌のコラーゲンにダメージを与える活性酸素を発生しますので、 ターンオーバー(新陳代謝)を乱します。

そして、一見肌が潤っているようにも見える汗…。夏の滝のような汗が蒸発するときに、肌の水分や保湿成分までも一緒に蒸発してしまうことによって肌は乾燥します。

また、夏はどうしてもエアコンに頼ってしまいます。職場では、一日中エアコンがつけられ、空気が乾燥している上に、その風を直接受けるようなことになれば、肌は水分を奪われて乾燥してしまいます。

このように、夏こそ肌が乾燥するのです。

さらに悪いことに、肌が乾燥すると水分を保とうとして皮脂をだすために、いわゆるインナードライ肌…表面は皮脂でてかてかしているが、なかわ乾燥してカサカサという状態になりやすくなります。

そこで、正しい夏の肌ケアが必要となり、これをサボると肌荒れをおこし、一気に肌の年齢が進んでしまうことになります。