ほうれい線は老け顔を作る

顔のほうれい線は、その人の顔を老け顔にするといいます。

このほうれい線は、顔のシワのようにいわれますが、本当はシワではなくて溝だそうです。

加齢とともに、顔の皮膚がたるんできて、もともとあった溝が深くなって目立ってきます。

ひどい人で、大体10才ぐらいは老けて見えるようになるといいますから大変です。

少しでも目立たなくする方法は、いろいろあるようですが、その一つに舌回しというのがあります。

だいぶ前に、テレビの美容番組で紹介されていましたが、舌の先を頬の内側につけてそのままグルグル回してゆきます。

それぞれ50回ずつ回します。

ちょっとしんどいですが、続けると効果があるそうです。

あと、ほうれい線に効く化粧品で肌のハリをとりもどして、溝を目立たなくする方法があります。

これは、自分の肌に合ったほんとうに効果がある化粧品を選ぶことがポイントです。

要するに、エイジングケアをしっかりして、肌にハリと弾力を取り戻すことが必要ですので、そのような化粧品を選ぶということです。

エクササイズとスキンケアを併用してやると、効果もグッと倍増します。