コスメの世界とは?

コスメの世界とはいったい何なのでしょうか?

コスメテックの略がコスメですが、辞書をひくと

化粧品・頭髪用化粧品の総称

とあります。

いわゆる、化粧品や頭髪料・ヘアスプレーなどを指すのでしょうが、スキンケアや育毛なども入るのでしょうか?

さらに調べると、

  1. コスメチック-日本国語大辞典

    〔名〕({英}cosmetic )《コスメティック》男性用化粧品の一つ。脂肪に香料を加えて棒状に固めたもの。頭髪や口髭などの形を整えるために用いる。チック。*東京風俗志〔1899〜1902〕〈平出鏗 …
  2. cos・met・ic-ランダムハウス英和大辞典

    n.1 (皮膚・頭髪・爪(つめ)などの美容に用いる)化粧品.2 ((cosmetics)) (表面的な)体裁の繕い,ぼろ隠しThe budget committee opted for cosmeti …
  3. コスメチック[カタカナ語]-情報・知識imidas

    [cosmetic] (1)【美容】化粧品 (2)美容の.うわべを飾る.うわべだけの. …

こうしてみると、なかなか面白いですね。

年齢化粧品のチカラ

年齢化粧品ならではのチカラを、貴方のお肌にお届けください。

若々しさが失われたお肌に、ハリ、うるおい、透明感を与えます。

本来のチカラを手に入れたお肌は、自ら弾み、うるおい、輝くことができます。

お手入れのたびに指先に伝わる確かな手応えが、新しいお肌への第1歩です。

とろりとした保湿液が、年齢肌を隅々まで潤します。

コラーゲンたっぷりのクリームが目元にピンとしたハリを与えます。

ダブル洗顔で、気になっていた毛穴が、気にならなくなります。

お肌作りの基本は、余分な皮脂や汚れを落とすことから始まります。

まっさらな状態に戻った肌は、キメの細かさが際立ちます。

洗顔石鹸は、ヒップクリームみたいな、きめ細かい泡で、洗いあがりの肌はしっとりとなめらかになります。

泡の集中パックで、年齢の出やすい、目元口元までふっくらとなります。

年齢を感じていた目元口元に、うれしいハリが生まれたら、見た目の印象も変わります。

何度も触れた確かめたくなる、これが貴方の基本の素顔です。

濃厚な泡のパックで、硬いお肌もむされたふっくらとなります。

 

 

 

 

髪の毛のトリートメント

家で髪の毛を洗ったあと、トリートメントを使いますが、今わたしが使っているのは、カラートリートメントです。

髪の毛を家で染めているのです。

ときどき美容院へ言って染めてもらいますが、時間がなくてなかなか行けないので、風呂に入った時に自宅で染めています。

なるだけ髪の毛にダメージを与えないように、自然の素材からできた物を使うようにしています。

風呂にはいる前に洗髪をして、カラートリートメントを髪につけてから風呂桶に入っています。

そうして、10分か15分のあと、髪をすすぐと、綺麗に髪が染まっています。

これで1週間ぐらいは持ちますので、満足しています。

トリートメントと髪を染めるのが同時にできるという点も、満足ですね。

美容は世の女性の共通の関心事

この世に女性がいるかぎり、美容に関する話は尽きないと言えます。

でも、このごろでは、女性に限りませんが…。

美容と言ってもいろいろあります。

一般的には、やっぱり顔ですね。

美形な顔は、いいですね。美人は得です。

美人の条件はなんでしょうか?

顔の形、目鼻立ち、バランス、そして、肌…いろいろあります。

また、見る人の好みにもよることもありますね。

人類が生まれてこの方、やはり、異性によくみられたい、女性は男性の気を引きたい、という気持ちは変わらないと思います。

この気持があるからこそ、美容というジャンルもあるんだと言えます。

で、どんな方法で美容をするのかということも、関心があることです。

現代では、いろんな美容のための化粧品が販売されています。

ほとんどの成人女性が、化粧品を使って美容をしているし、男性の化粧もあります。

人類共通の関心事である美容は、奥が深いし、いろんな情報が氾濫しています。

この美容専科は、様々な美容に関する情報を発信していきます。